« 贈り物に美しい包丁? | トップページ | ファブリック »

2011年3月26日 (土)

柳宗理とは

2002年に文化功労者に顕彰された柳宗理は、日本を代表するプロダクトデザイナーの一人です。デザイン性だけでなく、普遍的な美しさと実用性が重視されているため、彼の匠の製品は長く日本で愛されています。キッチンツールや食器はもちろん、横浜市営地下鉄にある背もたれサポーターやバタフライスツールという椅子、東名高速道路東京料金所防音壁など、幅広いプロダクトを手がけています。

Sori_yanagi_chair2

(背もたれサポーター :wikipediaより転載)

1058839

(バタフライ・スツール :天童木工ウェブサイトより転載)

今年の六月に96歳となる柳宗理の、考え方やデザインのあり方についての書籍「柳宗理エッセイ」が2011年2月に平凡社から再刊されました。一番古い文章は1949年に書かれたものとなります。詳しくはこちらをご覧ください。

柳宗理のカトラリーやミルクパン takumicollection

« 贈り物に美しい包丁? | トップページ | ファブリック »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳宗理とは:

« 贈り物に美しい包丁? | トップページ | ファブリック »